しみ衛門とユカイな仲間たち


by t-simi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

仮面ライダーブラック

小学生のころから夏休みの宿題は7月中に終わらせてあとは遊びまくる子でした
「夏休みなんて大嫌い」でおなじみシミちゃんです。こんにちわ

o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪


さて、なんやかんやでずっと書くとか言ったまま月日が過ぎている「仮面ライダーディケイド」のツッコミ特集完全版とも思ったのですが


ブラック出てるじゃん!!!!

これは語らねばなるまい!

:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

はい。てことで『仮面ライダーblack』ですね。
比較的新しい作品なので知ってる人も多いはずなので細かい設定等は割愛!
重要なファクターだけを羅列してみますよ

*試験に出る『仮面ライダーブラック』論点*

1)
最後の『改造人間系』の仮面ライダー(ブラックRXは続編なので一つにカウント・劇場版の一発物も除外)にして最初の『正義のライダーvs悪のライダー』をやった作品(ショッカーライダーはタイマンじゃないからパス)

2)
とてもわかりやすく『悪の秘密結社』という組織が現れた最後の作品(ブラックRXは続編ry)

3)
確立された『変身ポーズ』が出たのも最後と思われる。

4)
恐らく全部の仮面ライダー作品の中で一番カッコイい!
(シミえもんリサーチ調べ)


はい。
ということで一つずつ検証してみましょう!

まず改造人間系てのですが、これは語るまでもなくガチですね。
平成ライダーでは「悪の組織に改造されて復讐の為に戦う」みたいなイケメン君はいません!

『剣』のボスキャラの「天王寺(ケルベロスII)」がギリギリ改造してたけどあれはどうひいき目に見ても怪人だからパスです。

あと『正義vs悪』のライダー対決もブラック(ブラックサン)vsシャドームーンが最初かと思われます。

ただ、人型から戦闘形態に変化するというのを『ライダー化』とする意見もあり、それを採用するとイカデビルさんとかガラガランダさんなんかも加算されて「初代からあった」みたいな話になっちゃうんだけどね…;

続きまして『悪の組織』これです。
残念ながら(?)今週のDCDに『大ショッカー』が出てきちゃいましたが、これは劇場版への伏線てことで強引に無視します。

確かに『ラッキークローバー』とか『マカモン』とか簡単に組織化されたのはいたけど完全に全戦闘要員が組織化してたのはゴルゴム(クライシス帝国)が最後だと思う。


で次の『変身ポーズ』これ大事!

ブラックRX以降のいわゆる平成ライダーでは変身ポーズを『してもしなくても変身できる』状態です!

だもんでちびっ子に言わすと「毎回ポーズ決めるのはなんかなぁ…」とかぬかすわけですよ!

これはゆゆしき問題です。
昭和のライダーシリーズにおいて監督さんは「変身ポーズにも意味を持たせる」とコンセプトを持っていたそうです。
だから昭和シリーズは変身シーンがめちゃくちゃカッコイいんですよ
ヨウツベなんかで変身シーンてんこ盛りみたいな動画が死ぬほどありますがいくら見ても飽きないもんマジで…

だから変身ポーズすなわち『主人公が戦う覚悟を決めて己の力を絞り出す』シーン。
是非とも復活希望でござる!仮面ライダーWには期待してるでござる!


で最後『全シリーズで一番カッコイい』
これは異論を認めないわけじゃないけど、私が責任持って全部のシリーズを見た上で断言します!


あと投稿前に相方さんに見てもらってるんですが、よくある勘違い

『ブラックRXが最初のフォームチェンジ』てのは間違いですのであしからずw

(*^-^)b
[PR]
by t-simi | 2009-07-26 21:56
熱い声に答えまして今回は 太陽戦士・サンレッd 太陽戦隊・サンバルカンです!

(`・ω・´)

まず、コメントに少し書きましたが実はほとんど覚えておりませんでして、職場近くの「クソ古いVHSもある」と評判のビデオ屋さんに行ってみたのですよ。

ただし曖昧な記憶を頼りに書くことを信条としているため借りて観るのではなく、あくまで記憶を呼び覚ます為の『呼び水』としてです!

そしてサンバルカンの最終巻を手にとって驚愕!

「~1982年1月放送分まで。」

すなわち!


放送終了時点でオレちゃん生後1ヶ月www

そりゃ記憶無いわwww

ですが私が小学校にあがる直前あたりに父上がビデオを借りて来ていた時期があり、そのころに観た記憶が少々あるのでそこから話をしてみたいと思います。

*シミちゃんが覚えているサンバルカンのキーワード*


1)
バルイーグル(赤)・バルシャーク(青)・バルパンサー(黄)の三人で女子メンバーは無し

2)
追加メンバーは無いが中盤(20話前後)でレッドの役者さんが変わる。
ストーリー上はなんかのパイロットになるためにアメリカに行った。

3)
秘密基地は「喫茶店支部」と「サファリパーク支部」があり、喫茶店の名前は「サバンナ」ダカ「オアシス」だかそんなかんじ

4)
レッドは飛行機乗り
5)
ブルーは海洋学者

6)
イエローは一番若くて「ウヒョヒョー」とか言って司令官が作るカレーをガツガツ食べる

7)
敵が巨大化するとき「巨大化モンガー」とか言う

8)
三人が乗る飛行機と戦車が「グランドクロス!」のかけ声でサンバルカンロボになる



…………
兄さんたち申し訳ないそんくらいしか覚えてないっす
orz


追伸

先日ゆにこさんのコメントにたいして『「ブルースワロー」と「ホワイトスワン」がバードマン』とコメントしましたが、正しくは『鳥人戦隊ジェットマン』の間違いでした。
関係各位及び読者様に置かれましては多大なご迷惑・混乱を与えましたこと訂正してお詫び申し上げます。
ヽ(;;´Д`)ノ
[PR]
by t-simi | 2009-07-20 22:39
ふふふ~んふ~んふ~んふ~~んふんふんふ~~~ん♪
と兄さん達イチオシ的なサンバルカンのオープニング(鼻歌ver)で始まりましたスーパー戦隊シリーズその2
(*´Д`*)


思い出しながら鼻歌を口ずさんでたら後輩君に「それは君エアロスミスやないか!」と突っ込まれて以後どう頑張ってもミスアシングが出てきてちょっと涙目だったのは内緒です
(><;)

さて、予告の通り今回は『炎神戦隊ゴーオンジャー』です!
【また今回も前回同様に記憶を元に構成しておりますので以下略】

こちらは特に名言集てきなものはありませんが、めっちゃ『友情』と『キズナ』みたいなのが深く語り込まれております。
(シミえもんリサーチ調べ)


戦隊チームの皆さんの友情は言うに及ばず、その相棒たる炎神の皆さんも友情にアツいしキャラも立ってるしで実によろしい。

敵軍団の皆さんも仲間がやられたら遺影を立てて「ポクポクポクチ~ン…」て言いながらやけ酒を煽って傷心の旅に出たりしちゃいます。しかも幹部が。

正直こんなに憎めない敵軍団はめったに無いのではないでしょうか?

他の超外道な敵軍団しか知らない方は一回見てみたら良いかも。
絶対にイメージ変わります!

敵の3幹部の紅一点がレッドに惚れてるとかその紅一点にグリーンが惚れてるとか…
さらに3幹部(その時点ですでに1人は故人のため残りの2人)が悪の大将に刃向かって殺されてしまったシーンで彼らが言った台詞

キタさん「われらガイアークに独裁者は要らんぞよ!」
ケガちゃん「そうでおじゃる!
我らの望みは蕃機族が気持ち良く暮らせるゴミ世界の成立でおじゃる!」
てところ。


たしかに自分たちが住んでる世界をゴミ世界にされたらタマランですが、彼等は『やり方』を間違っただけだと思うのですよ。
無理して人間世界を全てゴミにしようとしたから炎神や戦隊に目を付けられてしまっただけの話で、絶対に住み分けや譲歩は可能だったよね…
この辺からか、彼等をただの侵略者とはどうしても思えないわけです
むしろ可哀想という感情も出てくるのですよ

(´;ω;`)
マジで切ない気分にされること請け合い!
でもって戦隊の皆さんも「彼等がただの侵略者じゃない」と認識して倒れた2人の手を繋がせてあげるシーンがやばい…

……
てことで終わっちゃったらシンミリした作品てことになっちゃうので笑いのシーンの考察でも。

『ゴーオンジャー』は順番て言うと『ゲキレンジャー』の後になるのですが、スタンスとしてはゲキレンと同時にやっていら『仮面ライダー電王』のスパイスを引き継いだ印象です。
『死者は極端に少なく』
『毎回笑えるシーンを織り込む』
『笑いを織り込みながらも真面目に感動を取りに行く』

これです。
(シミえもんリサーチ調べ)

まず死者にかんしては現在の『シンケンジャー』と『ディケイド』にも引き継がれていますね。
てか今から観ると『響鬼』とか『剣』あたりは死にすぎかと…

でもって敵キャラの声優さんにも「某関係ない海パン芸人」とか「あの時の猪木さんのモノマネ芸人」とかほかにも芸人さんを多数起用して『オモロイ』路線に持って行こうとした影がチラホラ見て取れます。

さて、また指が疲れて着たので今回もハンパな所でTKOです…
orz

次回は『ディケイド』のツッコミ特集完全版でもやりますかね
(*´∀`)
[PR]
by t-simi | 2009-07-17 22:19
ジミーペイジとロバートフィリップは神だと思います。
異論?良い度胸だ
(#´∀`)

とんにちわシミさんです。
本日はクル兄さんがめでたくはまった記念といたしましてスーパー戦隊について(特にゲキレンジャー&ゴーオンジャー)アツく語ってみたいと思います。
【ちなみに内容は全てシミさんの記憶と思い出をもとに書かれていますので事実と異なった表現方法等あるかも知れませんが生暖かくニヨニヨしてやってくださいまし】

まず全国に5~6人くらい居るであろう「戦隊よく分かんないよー;;」というちびっ子のために軽く説明

*スーパー戦隊の定義*

一)5人ないし3人のチームで中盤以降に敵の強化に伴い1~2人の追加助っ人が入る

二)巨大ロボットを所持しており、特殊な例を除き各自が乗り込んだメカが合体して発現する

三)一番若い少年メンバーはだいたい跳ねっ返り

四)女子メンバーは何かしらの萌え属性を持っている

五)レッドはリーダー

六)白とピンクは女子

七)基地にいる司令官みたいなオッサンはイジラレ役

八)敵は外道


こんな感じかな?

でわ本題。

『獣拳戦隊ゲキレンジャー』

私的いち押し戦隊
(*´ω`)
ぐだぐだ言わずに

『シミえもん的ゲキレンジャー名言集』いってみよ~♪

No.1)
漢堂ジャンの名言
ジャン「リオ!お前強いのになんでみんなに優しくしないんだ!
虎が強いのは森を守る為だ!

強いやつは優しいんだ!!」

いいですね。
ジャンらしい『青臭さ』と『純粋さ』が出まくった素晴らしい台詞だと思います。

実際聞いたときには鳥肌でましたw


No.2)
敵方の総大将リオが強さを求めて更なる業を求めた時に、怪しげな男ロンが「強さを求めるならば失わねばならないものがある」
と言われて一言

リオ「強くなるために失わねばならないものがあるというならば

それはオレにとって必要ない物ということだ


これもキタね!
正直惚れたw
(*´Д`)
私自身も柔道とかやってたころに同じようなこと思ってましたよ。
師匠に「そのまま続けると後々に後悔する体型になるぞ…」とか言われて

「チビてバカにされるくらいなら男なんかみんな投げ飛ばしてやるんだ!」とかいってたオレ様カッコ良すぎwwwでも今は後悔しているwwwwww

話がそれた…
あと、ゲキレンは全体的に大人向けの戦隊だと思います。
前述の『リオ様&メレちゃん』も意外と『大人』な関係なんじゃないかと思いますですよ。
初めはずっと一途にラブラブ光線なメレちゃんと気付かないで強くなることに夢中なリオ様

で中盤以降は微妙にメレちゃんのことを意識してきたりして、2人のもどかしさにハァハァしっぱなしでしたw

最後はロンの裏切りによって命を落としたメレの為にブチ切れて新たなそして強大なチカラである『幻気』を捨てて元の自分とメレの接点であった『臨気』を取り戻して巨大化したロンの体内で気を大解放で更に自爆してゲキレンジャー達に道を示したりとか…
何書いてんだか自分でもよくわかりませんがなんだかんだで『ゲキレンジャー素晴らしい』てことです
(*´∀`)

といった所で長くなったので(携帯打つ指が釣りそうになってきたので)ゴーオン編はまた次回に!

アディオス・エンプーサ!(和訳不明)
[PR]
by t-simi | 2009-07-11 22:01